FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資コラム 出口戦略の行方 

事前の出たFOMCのステートメントでインフレ見通しが上方修正されていたので、この雇用統計の結果は期待はずれでした。
それでもFedは出口を模索すると予想

Fedがこのタイミングでステートメントの文言をインフレ見通し上方に修正したのは意味があるはずです。
イエレン議長がインフレは「ノイズ」と評していたにもかかわらずインフレ見通しを上方修正させたのだから意味がないわけがありません。
また、投票においても今回、イエレン議長体制で初の反対票が投じられ、QE3終了から利上げ開始までの期間をもっと具体化すべきという意見が出ています。


5月の開催に続き、今回のFOMCでも同時にFRB理事会が開かれそのテーマは「中期的な金融政策について(medium-term monetary policy issues)」です。

今回と同じテーマでFRB理事会が開かれたのは2011年の5回で、
この時は5回目の会合のあとのFOMCでインフレ目標が導入されました。
つまり、FRB理事会が「中期的な金融政策について(medium-term monetary policy issues)」というテーマで開かれた時はなんらかの金融政策の転換があると仮定することができます。

FRB理事会に金利操作の権限はないので、おそらくFRB理事会で議論されている内容は、リバースレポやIOER(超過準備に対する付利)についてだと思われ、市場にじゃぶじゃぶに溢れた資金をどのような方法で、いつ、どのペースで吸収していくのかが話し合われているのだと思います。

このFRB理事会の議論は、情報公開法で公開の義務がなされているので、どこかしらのタイミングで公開はあるはずです。

早ければ8月20日のFOMC議事録ではっきりするかもしれません。
今回の金融政策の転換は過去のそれよりもインパクトが大きい

FRBのバランスシートは4兆5千億ドルまで膨れ上がっています。
言うまでもなく過去最大です。

この巨大なバランスシートを保有している状況からの金融政策の転換は前代未聞であり、
何が起こるかわかりません。
Fedは小出しに情報を出してパニックにならないようにするはずです。

その第一歩が前回のFOMCのステートメントだと考えると、今後も小出しに情報が出てくるはずです。
8月20日の議事録、8月21日からのジャクソンホール、9月18日のFOMC・・・少しずつFedは出口へと歩みを進めていくと予想します。


そう。8/20日。
スポンサーサイト

投資コラム 日銀総裁 

今日は日銀総裁の会見について。

今回から日銀は8日の会見から生中継を解禁しましたね。
ここぞとばかりにインターネットを活用するのは時代の流れを感じました。
結局の所、相場の反応はドル円・株価ともに「売り」でした。
やっぱり緩和期待が合ったのだと思うと笑えてきますが、それも全て(事前期待と失望)は、
予想通りの反応というべきでしょう。

じゃあ予想通りなのに、どうして市場は失望したのでしょうか?
それは黒田さんがこれまで仕掛けてきたサプライズの副作用なのです。
モルヒネと同じ。
黒田さんはかねてから予想外なタイミングで、市場にインパクトを与えることで
通常与える刺激よりも倍以上の効果を与えてきました。
去年の異次元緩和に加えて、2月の貸出支援制度の規模倍増など全て予想外のタイミングだからこそ
効果がありますし、その分の副作用もデカイ。
マーケットは前述したモルヒネと同じく、慣れてしまえば次を次を・・とドラッグ中毒者と同じようになっているのです

この口先の介入は黒田さんはある人物を真似ていると思われます。
その人物は、ユーロで絶大な影響を与える現欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁。
この方も緩和を示唆するようなコメントをいって、マーケットを擽る。

ただこのように永遠と口先だけの介入をし続けると、実際に介入した時のインパクト自体は薄れます。
それも市販の飲み薬の副作用と一緒でしょう。市販の飲み薬ばかり飲めばそのうち効かなくなる。

ですから、イタリアの伊達男ドラギ総裁の真似をしつつ、反面教師にし、黒田さんはあえてノーサプライズに徹しているのです。それが現在の失望売りと。

ただ個人的には黒田さんの笑顔の理由はきっと何かあると思っている。
あの笑顔とネクタイの質問のくだりは、余裕のオーラで包まれている。

これで世界的にも黒田さんの発言には生中継で一喜一憂される。
就任一年目、生中継解禁、実はここからが黒田VSマーケットだと思います。
我々もそんな黒田さんに予想も期待も(いい意味で)裏切られていこうと思う。

以上。




『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。』

●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

●その他重要事項

当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

●十分読むべき旨

ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

投資コラムその4 

こんばんわ。
夜間に失礼。

週間展望と申しますか、久しぶりにコラムでも書いて見たいと思います。
こういう乱高下している時に書かないと行けないと思いましたので。


下がってほしい人、騰がって欲しい人。いずれもこのブログを見ていると思います。
今回は騰がってほしい人目線でのコラムを一筆書かせて頂きます。

まずは来週の焦点についてから。


①6/5日に成長戦略第三弾!!!

忘れているかもしれないでしょうがアベノミクスで数千円騰がったのも事実です。
勿論そこからのファンド売りに対しての防御能力はほめられたものではないです。
もう少し日銀や年金系銀行のディーラーを効果的に利用すべきでした。
そこは政府も安倍首相も少し反省していることでしょう。

具体的指針である成長戦略第3弾は6/5日となっております。
成長戦略の内容次第にとっては相場が息を吹き返す可能性はなくはありません。
またそこまで下がる可能性も見つめなおしておかなければなりません。

②6/7日に米雇用統計!!!
アメリカの重要指標である雇用統計が6/7日に発表されます。
またしても週末ということですが、この週末に注目。
週末といえば私は週末要因で下げるのが相場を通しての一般的な考えだと思いますがどうでしょうか?
そしてリスクを抑えて現金化するのもファンドの手でもあります。
もしも金曜日、日本のコア銘柄が(中小銘柄は無視)買われるようであれば
恐らく雇用統計については、指標数値改善すると思います。
リスクを無視して買うということはつまりはそういうことだと考えます。
もしも改善すれば量的緩和策の「出口」論議が賑わいますね。
ということは必然的にドルは買われ、円は・・・?



③日経平均株価13500円割れの危機

本コラムを書いているナイトセッションでは一時期13400円も割り込むかもしれない
ほどの下落。ただ、参加者は少ないようですが。
現状では日経平均先物は13500円割れを割り込む展開なことは事実です。
外資のお得意である先物手動で下げていっていますが、
この13500円以下というのは4月の相場揉みあっていた価格帯です。

もみあい






13500円以下となると4月相場の揉みあっていた
ゾーンにあたります。※上記画像参照
皆さんも4月の日足を見てみて下さい。

そして4月といえば第2週の時点での投資主体別売買動向では
過去最高に外国人投資家が買い越しています。

会員メールでも触れたと思います。

つまり4月第2週(4月8日~12日)の
13080.29円-13568.25円レンジでは相当に外国人買いの商いが積んでいる裏返し。
この詰まれた買いを果たして外資が投げるのか?
私は「いいえ」と思います。
さらにもっと画像を見て下さい。

momo
momo.jpg













この2ヶ月間積上がってきた日経平均価格帯チャートでも
13300円-13400円あたりが抵抗体として
存在することが分かります。
※緑の横棒グラフが価格帯レシオです。

もしもナイトセッションに従い、
週明けギャップダウンスタートの場合、このラインは相当意識されると考えます。

5/23日からの最大級の下落幅に大しての戻りは半値はおろか、3/1戻しもしておりません。
一度奈落の底に落としてからの垂直方向に上げていくイメージもしておきたい所。

現在ナイトセッションでは13500円これは日経平均株価約-300円幅です。
大きな陰線であることは間違いないですが、このコラムを見てまだ売りたいと思う人は
いないと思います。
あとは落とし所を探すだけ。となります。


従ってオプション売買でいうなら12000円から下のプットは非常に美味しく実っております
プレミアムです。
ただし来週からSPAN証拠金も跳ね上がるので決してオススメは致しません。

私でしたら
手堅く11000円-10750円のレシオスプレッドを組みます。
証拠金に負担がかからないものは11000円プット売り1枚-10500円プット買い1枚等です。
1枚につき+4000円の利益ですが、手堅く拾える人こそが今後相場で通用すると思います。
大負けしても大勝ちしても負ける人は全て「メンタル」で負けております。
私も一番最初の暴落は手が震え、電話も出来ず借金も負いましたが、ここまで復活して
人に教える立場までなっております。

生きている間は相場があります。毎日がチャンスです。
そしてチャンスは貯金できません。


意味のある日、無駄な日があるのではないのです。
この一日、またこの一日、毎日毎日が大変高価なものです。

相場と向き合い何がダメだったのか私も毎日反省しております。
人生は夢とロマンと反省さえしっかり出来ていれば万事上手くいくと思っております。

皆様の投資生活に一層良き陽の光が刺しますように。


あ、、13000円割れない意向で書いたコラムでしたが
そういえば13000円プット買い持ってるんだった・・’(苦笑)

了。








●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号


●その他重要事項

当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

●十分読むべき旨

ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。


※当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

投資コラムその3 

お疲れさまです。

世間は三連休。CFDでは日経ちゃんは8500円まで上昇中です。


誰がこんなことを想像できるのか?といわんばかりに225先物の動きは
意味不明状態、予測不能状態が多いです。

確率的にいうならば7割以上。70%はどんだけ相場達者でも予測がつきません。

チャートで後から結論付けているのはただの負け犬です。

後から結論づけるのは証券会社やアナリスト、またはエセ配信業者等が多いですが

本当に難しいし、むしろ225先物の動きが分かっているならMeなら絶対に取引手法を公開しないし
会員も募りません。自分でこっそりやるだけです。
まぁこれは寄り引け業者にもいえますけど世の中には100%勝てる手法なんてありえない。
未だに情報商材が売られていますが情報弱者はマーケットの1割は必ず存在するという法則があります。

パチンコの情報。
競馬の情報。
出会い系。
FX。
先物。

色々ありますけど情報の格差が世の中IT化がこれだけ進んでいるのにも関わらず
情報の格差は絶えず存在します。
その格差を狙って情報商材系はグイグイ伸びてきました。

この情報の格差が悲劇を生むこともあれば利益を生むこともあります。

オプション取引だって実は情報の格差のカテゴリに属しています。

Meもオプション、デリバディブ取引なんて全く知らずに先物やFX、その他の投資をやっては負け、
やっては負けの状態が続きましたけど、偶然オプション取引を発見する日がきて
もっと早く知っておけば・・と思ったことがあります。

このオプション取引を知っているか知っていないかで大げさかもしれないけど
投資をする目が、市場を見る目が全く違ってきます。

225先物でラージ一枚例えば先週の8300円で購入したとしましょう。

まぁここまでは素人の範疇内。

オプション取引をしっている人ならここからどう仕掛けるか

ヘッジとして225先物の両建て?
現物の売り建て?
ユーロ円の売り建て?

どれも不正解です。


正解は3月限のC9000のショートです。


8300円で購入した時3月限C9000円が180円くらいだとします。


ここでC9000のショートをヘッジとしていれたら


日経平均が9000円を超えたらC9000が損になりますが


①越えなければ+18万円の利益は確実に手に入る。

②越えたとしても越えた時点で(70万円内)の利益が手に入る

③8300円から下がった場合でも下がる=プレミアムの減少なので少なくともC9000のショートは利益が出る。

④下がりもせず上がりもしなかった場合でも時間的価値の現象により1週間ウロウロした場合でも+10万円位は利益がでる。



考えうることはまだまだありますがザっと思いついただけでも
これだけの恩恵が受けられる投資のヘッジです。

現物はどうですか?8300-8500円のレンジを行き来しているだけで
現物の売り建ては利益になりますか?FXは?先物ショートなんて最もヘッジの意味合いは無し。




つまりオプション取引を知っているか知っていないかだけでもこれだけの資本の格差が生まれることになります。


Meは確実に勝てるや確実に儲かるなどの安直な情報は言いたくないしそんなの存在しないと思ってますけど

オプション取引だけは覚えておいて損はない手法だと思って現在に至ります。


そして未だに225先物が人気なのはレバレッジが効く事や簡易性などもあると思いますが

来年はこの225先物+オプション取引での戦術や戦略。実践的な
配信などを別クラスでやっていけたらと思っています。

先ほどは7割は読めないと申し上げたけど3割。もっといえば1割位は読める日、読めるチャートが
あります。そこだけ参戦すれば勝てる確率はグンと高くなる。それが出現するのが月に2~3回あるかどうかの
世界が225先物。この読みにくい投資商品はCFD先生で使っているトレンド性が高いシグナルを併用して
何か面白いことができたらいいかな。
でも基本的には225先物や現物、FXだけでいうならば日本投資商品は逆張りのほうが勝てる可能性は高い。
逆張りで損出してる人は逆張りが下手なダケ。逆張りの本質を理解してない人なだけ。
というのがMeの持論かな。

目先のテニクニカルの指標だけじゃ絶対に勝てません。まぁ勝てないからこそ日経の中の人は潤ってるのだろう。



●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

投資コラムその2 

私が凄いなぁって思う配信サービスは2社位ありますけどどこのやっぱり
ハイリスクハイリターンなんてやってないです。
ローリスクミドルリターンを狙ってる所にやっぱり好感がもてます^^

・もしMeが個別に契約するとしたら

・コツコツ稼いでる所。
・大損がない所
・●●ショックの時の対応、そして成績

まずここを見るかなぁ。
ブログと成績、メールなんかの整合性がとれてるところはまぁ大丈夫だと思うケド。

むかーしを賑わしている、AIJ投資顧問問題。

企業年金を運用しててスッカラカンになったということですが・・

2000億円も熔かすこと自体がまさに奇跡。

しかも運用はOPだったそうじゃないですか。
知り合いの証券会社に聞いてみた所、
ものすごく評判はよかったけど、割りとブラックな投資顧問だったみたいですね。

それでおいて年で10%。
まぁ年金クラスだと年10%で10年で100%。つまり10年で2倍です。

とても素晴らしいじゃないですか。

私のトレード成績には負けるけどね(笑)

まぁそんなことは置いておいて、そんな投資の「自称プロ」が2000億円も人様の
お金を溶かす。
それでおいて多分罰則はされない。
皆の怒りはどこに向ければいいのでしょうね。

2000億円とか一度でいいから運用してみたいけど、冷静に徹すればいつもと同じ
成績がつくと思うんだけどなぁ・・「プロ」ならね。

だって多分専用回線や専用口座も企業年金運用なので用意されていただろうし
Me達みたいに売建上限に悩むことや証拠金に悩む必要はゼロ。

すごいアウト側のコール1000枚・・いや1万枚も売れるわけです。
今でいうとC11000例えば1万枚売ってるだけで5000万円ですよ毎月。
オプションやってる人は一度なら思ったことあるはず。100枚一気に売りたーいってね。

きっとそんなことも出来たはずだし、(まぁそんな子供地味なのはプロは嫌いでしょうけど)

逆に・・トレードの内容とか見てみたくないですか?

どこで売買してたのか、Me達にも公開して欲しいです。一体どんなトレードをプロはしたのか。

うーん。
2000億円も運用していたら現物でさえも月利10%位余裕でいけると思うんだけどな。

・・つまり本当にドヘタなんでしょう。



●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。